ホーム輸出・輸入[手続き]>2.輸出手続き
 2.輸出手続き
1.輸入手続き  2.輸出手続き  3.並行輸入とリンク

>> 輸出手続き(チャート図)


輸出先の発見

商品・サンプルなどの送付

見積書の作成(相手先から請求があった場合)

契約書の取交し

信用状の入手

貨物手配と出荷準備

通関業者に貨物・船積必要書類を渡す

船積書類などの入手

輸出代金の回収

>> 輸出先の決定方法


・トレード・ダイレクトリー(貿易業者名簿)の活用
・海外の貿易機関の利用
・商工会議所等の貿易斡旋機関の利用
・見本市に出展
・電話帳・広告の活用

>> 資料・サンプル等送付


 「見本販売」・・・・アポイント先に資料等送付し、購入意思決定を促す方法

1.品質を見定める為の売買形態
標準品販売 :平均的品質 ・適正な品質があればよい(農産物・木材・水産物等)
銘柄売買 :世界的に品質を保証するもの(総代理店等通した売買)
仕様書売買 :詳細等提示し品質を保証(特殊機械類・プラント輸出)
規格売買 :国際規格が定められている商品(JIS・JAS規格商品等)

>> 見積書の作成


1.数量条件 大きさ・容積・重量・包装単位等を明記 最低取引数量・・・・ 船積み時点「船積数量条件」・陸揚時点「陸揚数量条件」
2.価格条件 EXW価格 (Ex Works:工場渡価格) =製品価格+梱包諸経費
FCA (Free Carrier:運送人渡価格) =(1)+国内輸送諸経費+通関諸経費+通信費+管理諸経費+利益
CIF (Cost, Insurance and Freight:運賃保険料込価格) =(1)+(2)+海上運賃+海上保険料
3.受渡条件 受渡場所・期日(船積時)・方法(第三者[運送人]を介す)の提示
4.決済条件 ‐時期‐
前払い :船積み前に代金支払
後払い :船積み後に代金支払
同時払い :輸入者の取引銀行等で書類等と引替えに代金受取
交互計算 :本支店間等の取引で生じた債権・債務を相殺して残額支払
‐方法‐
信用状決済
取立決済:取立手形発行、銀行等通じバイヤーからの取立て依頼

>> 契約書の取交し

輸出入における契約は売約書や買約書を作成
表面には商品の注文内容か注文請け内容
裏面には双方の責任の所在を規定する一般取引条項
<表面> 輸出の確約文書
販売先(相手先)会社名・住所
注文番号・日付
輸出商品の明細・支払条件
船積み条件等の取引条件
輸入者と輸出者のサイン欄(契約承諾の確認の為)
<裏面> 「一般取引条項:責任の範囲と問題発生時の解決方法」
出荷日・出荷方法・支払方法・商品検査・知的所有権
クレーム条項
「貿易用語の解釈に関する国際規則」(INCOTERMS)に貿易条件の一般定義がのっとる旨

 不可抗力に関する条項(天災・戦争等) 紛争が生じた場合の解決策(解決策は「調停」「裁判」「仲裁」等)

>> 信用状(L/C: Letter of Credits)の入手


表面には商品の注文内容か注文請け内容
裏面には双方の責任の所在を規定する一般取引条項

信用状・・・・輸出者に対し輸入者の支払を船積書類と引替えに銀行が保証
為替ではないが外国為替取引においては手形と同様の扱い)

輸入者の依頼で銀行が発行した信用状を当方の取引銀行経由で手にしたら直ちにその内容を点検する
発行銀行の信用度(低い場合は他の一流銀行の確認があるか)
取消不能(Irrevocable)の有無
手形の買取銀行の制限の有無
制限付きの買取銀行指定信用状の場合不便がある事もある
確約文言や信用状統一規則の適用の文言が挿入されている

>> 貨物手配と出荷準備


 信用状入手したら輸出貨物の手配と船積み書類の作成
輸出貨物手配 品質に関して詳細に検査確認をする
耐抗性のある頑丈な包装が必要(資材に関しても確認)
どこに降ろすか容易に判別出来るよう荷印を刷り込み
税関宛に輸出申告をし「輸出許可書」が交付される
船積み書類作成 輸出通関と船積み、代金回収に必要
件数人立会いの元で船積指図書と照合
「本船受取書」・(不足や故障があった場合)「事故付き本船受取書」発行 インボイス(送り状:インボイス番号/作成年月日/積立地/仕向地/荷印/積送品の明細と値段) パッキングリスト(梱包明細書)
 必要に応じて 輸出許可書・輸出検査証明書・保険証券・原産地証明書

>> 関業者に貨物・船積必要書類を渡す


 輸出通関と船積み・出荷は通関業者(乙仲)に依頼

・輸出貨物
・船積書類
・船積依頼書

>> 船積書類等の入手(乙仲手続き完了後)


 運送書類(B/LもしくはAWB) (B/L:Bill of Lading[船荷証券]AWB:Air Waybill[航空貨物運送状])

・容積重量証明書
・輸出許可書

>> 輸出代金の回収


 乙仲から入手した船積書類を取引銀行等に持込み銀行に買取ってもらう事で代金回収。
 輸入者は取引銀行等から船積書類を受取ると同時に代金を払い込む事で支払完了。




株式会社 エフアンドエム

Copyright (株)エフアンドエム All rights reserved.