ホーム>会社設立[手続き]
 会社設立

>> 会社設立の前に
 会社を作るということは、経済社会に新しい一個の活動主体である法人を誕生させることです。
 会社は法律の定める要件を整え、手続きを経て、設立登記をすることによって誕生します。それには商業登記が深くかかわってきます。
 法人は、経済活動の主体としての実態を備えたもので、その運営についても法律の規定の枠内で行われます。また、法人にはいわゆる寿命はなく、法人の出資者や役員が死亡したり退任しても、法人の活動を継続することができます。しかし、事業の失敗等で解散したり、清算手続きを経て消失することはあります。
 さらに、法人自体は活動できませんので、出資者が法人の代表者を選任しその代表者を通じて活動を行います。つまり、法人ではその所有者と経営者が概念上区別されているのです。

>> 会社設立のメリット
 法人を設立するにはかなりの手間と費用がかかります。しかしながら、多くの経営者は個人より法人のほうがよいと考えます。会社を設立するメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。
 前述したように、事業活動をするには資金が必要ですが、ほとんどの経営者は外部から調達することが多いでしょう。この資金調達を会社への出資金とすれば、借入れとは違い、利息を支払う必要もありませんし、返済する必要もありません。
 また、会社と経営者個人は法律上別個の存在なので、経営者が取引に伴う責任を個人として負うことは原則としてありませんし、税法上からみても、会社であれば法人税が適用され、企業規模によって異なるものの、一定の税率が適用されます。
 さらに、一般的に個人より会社のほうが信用が大きいという現実もありますし、会社組織のほうがシステムとして働きやすいことから、人材が集まりやすく定着しやすいといった点もあります。

>> 株式会社の設立手続きについて

>> 会社設立の際の法定届出書類一覧



株式会社 エフアンドエム

Copyright (株)エフアンドエム All rights reserved. ご意見・ご要望はこちら