契約書 - 文例集

ホーム契約書[文例集]>契約書をかわす前に

 2.契約書をかわす前に

1.必要性と法律  2.契約書をかわす前に  3.契約書の作成  4.各種契約書の雛型

契約書をかわす前に


 どんなに立派な契約書を作っても、それが有効に機能するかどうかは相手方いかんにかかっています。契約書を作成する前に、契約をしても良い相手方かどうかの調査・確認を欠かしてはいけません。

相手方のチェックポイント


◎実在性の確認
  • 契約する相手は、個人・法人・その他団体かどうかの確認
  • 実在するものかどうかの確認

◎契約権限のチェック
  • 契約をかわす相手方(契約に署名捺印する相手方)に契約締結の権限があるかどうかの確認
  • 上記の権限の存在が明瞭でない場合は、委任状(できれば印鑑証明付)を要求する

◎信用度のチェック
  • 同業者、取引銀行、興信所その他から情報を得る
  • 信用はたえず変化するから最新の情報を得るようにする

◎チェック後
  • 実在性に疑問がある場合は、契約交渉をただちに取り止める
  • 信用度に問題がある場合は、再度契約をかわすかどうか慎重に検討する

 →かりに契約をかわす場合は、取引量・回数・限度額を決めるとか、保証や担保の差し入れを条件とする等の工夫も必要です

 詳しくはコチラ>> 『信用調査

*参考資料として、当サイトのコンテンツ「信用調査」もぜひご参照下さい。
<前へ | 次へ>




株式会社 エフアンドエム

Copyright (株)エフアンドエム All rights reserved.